WordPressテーマ「zousanrecords」をインストールしてまずはじめにすること

All-in-One WP MigrationでWordPressテーマ「zousanrecords」を導入するとサイト自体がサンプルページのコピーとなりますので最低限、以下の設定が必要です。

1.一般設定

メニュー
設定→一般

で以下を変更します。

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ(どこにも表示されないので空白でも可)
  • メールアドレス(※サイト全体の管理メールアドレスとなりますので必ず変更してください)

管理者メールアドレスが変更できない場合は?
【参考】よくある質問 – 管理者メールアドレスが変更できません

2.ユーザーを追加

自分用のアカウントを追加します。

メニュー
ユーザー→新規追加

 

  • ユーザー名
  • メールアドレス

を入力。(他は任意で入力)

「過権限グループ」を「管理者」で「新規ユーザーを追加」

 

【注意】

管理者権限のユーザーを追加したら、一旦ログアウトして追加したユーザーで再度ログインし、初回ログイン時のユーザーを削除、またはパスワードを変更するなどしてください。
そのままでは、同じ「zousanrecords」利用者にログイン情報が知られている状態になってしまいます。

3.パーマリンク設定

メニュー

設定→パーマリンク設定→共通設定

にて「投稿名」にチェックをして「変更を保存」してください。

4.メールフォームのメールアドレスを変更

メールフォームはWordPressのプラグイン「Contact Form 7」で作られています。

  • お問い合わせ
  • ライブ予約
  • メールマガジンの申し込み

の各メールフォームの「メール」の送信先と送信元メールアドレス、「メール(2)」の送信元メールアドレスを変更します。

メニュー
お問い合わせ→各フォーム→「メール」タグ

「メール」の

  • 送信先
  • 送信元

を変更

 

「メール(2)」は自動返信用のメールです。

「送信元」を変更。

 

このとき、メールの文面も「メッセージ本文」にて任意に変更可能です。

【注意】

「メール」、「メール(2)」ともに「送信元」はサイトと同じドメインのメールアドレスを設定しないとエラーになります。迷惑メール防止のため、「Contact Form 7」の仕様がそのようになっています。

参考:サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されている。 | Contact Form 7 [日本語]

メールの送信元項目にサイトのドメインに属するメールアドレスを指定しないといけないのはなぜですか?

例えば、メールの送信元項目に “your-name@yahoo.com” と指定されていたとして、でも実際にはあなたのウェブサーバー(もちろん yahoo.com ではない)から送信されているのですから、中継するメールサーバーがそれを偽装アドレスと認識する可能性は十分大きいわけです。サイトと同じドメインのメールアドレスを使っていればそういう扱いを受けるリスクを小さくできます。

https://contactform7.com/ja/configuration-validator-faq/#from-email-in-site-domain

 

サイトのドメインと異なるメールアドレスを「送信元」に設定るすと、エラーメッセージが表示されます。

 

ちなみに、2019年11月時点で、サイトと同じドメインにした存在しない架空のメールアドレスを「送信元」に設定してテストしてみたところ、フォームは正しく動作しました。今後、Contact Form 7の仕様変更があるかもしれませんが。
その場合、万が一そのメールアドレスに返信されたとしても受け取ることができませんのでご注意ください。

 

参考:使い方 | Contact Form 7 [日本語]